歯茎に埋める

失った歯を補う治療法、インプラントは、非常に優れた治療法として定評があります。定評がある理由は、天然歯のように強く噛むことができるからです。 インプラントは、まず人工歯根を歯茎に埋め込み、その人工歯根に人工歯を装着する治療法となります。人工歯根は、単に歯茎に埋め込むだけではなく、顎骨に結合させます。つまり、しっかりと固定されているので、天然歯のように強く噛んだとしても大丈夫なのです。 現在のところ、インプラントのように強く噛める治療法は他にはない状況です。ですから、多くの歯科がインプラントを推奨しています。 但し、インプラントにも、いくつか問題があります。最大の問題は、治療費が非常に高額だということでしょう。インプラントの治療費は歯科によって違いがあるのですが、相場では1本あたり30万円程度となっています。

間違った認識を持っている人もいるようですが、インプラント治療には保険が適用されます。但し、保険が適用されるケースが、極めて僅かなケースしか認められていないため、ほとんどが保険適用外の治療として行われています。従って、治療費が一般的に高額になってしまっているのです。 ただ、保険適用外の治療は、治療を行う歯科が独自に設定できることになっています。ですから、相場よりも低い治療費の歯科も存在していますし、中には、治療費が相場の半額程度という歯科もあります。 また、医療費控除を受けるというのも治療費を低く抑えるためには有効な手段です。医療費控除とは、1年間の医療費が10万円以上かかっている場合、確定申告することにより納めた税金の一部が戻ってくるという制度です。 但し、医療費控除が受けられないケースもあります。ですから、医療費控除を受けることを前提にしてインプラント治療を受けるのならば、治療を受ける前に医療費控除が受けられるか否か、歯科に確認した方が良いでしょう。