子供のうちで受ける

近年では、歯の美しさを意識される方が増え、歯科医院に歯列矯正の相談をされる患者さんが多くいます。実は、子どものうちの早い段階から歯列矯正を始めたほうが、色々なメリットがあるといわれています。第一のメリットは、抜歯の可能性が減ることです。子どものうちは、顎が成長段階にあります。よって、顎の成長を正しい形に促すことで、不必要な抜歯を減らせます。 その他のメリットは、歯や顎への負担を減らすことができることです。早期に歯並びをよくすることで、咬み合わせの悪さで起こる歯のすり減りがなくなり、顎への負担を減少できます。 最後に、装置をつける期間が短いこともメリットです。子どものうちに歯並びを改善する事で、大人になって本格矯正する時、期間をが短くなります。

歯列矯正というのは、長期間の治療となります。ですから、きちんと満足できる治療を受けられる歯科医院を選ぶ必要があります。そのためのポイントは、まずは担当医が詳しく治療方針を説明してくれるところです。この時、専門用語などの難しい言葉を使わずに、素人でも分かるように丁寧な説明を行ってくれるところが良いです。やはり長い期間通うので、あらかじめ十分な治療の説明を受けられると安心です。なかには、患者に一切の説明もなく、一方的に治療を行うケースもあります。よく見極める必要があります。 また、院内が衛生的であることもポイントになります。また、矯正歯科医が常にいること、歯列矯正の設備が整っていることもチェックすると良いです。