流れを知る予習

インプラント治療とは、歯科医院に行ったらすぐに手術がはじまるわけではないです。まずは原状どのくらい歯を失っているのかや骨格、噛み合わせはどうなっているのかなどを確認します。そこでどうやった治療していくか方針を歯科医院で決めます。歯科医院によっては、インプラントが必ずしも抜けた歯の治療として最適ではなく他の入れ歯やブリッジのほうが合っていればそちらをすすめられることもあります。最初は、歯肉切開して顎の骨を削り歯根を埋め込みます。定着したら人工の歯との連結部分であるアバットメントとよばれる器具を取り付けます。それも定着するまでまったら最後に人工の歯を取り付ける流れです。速くて3ヶ月で平均で半年程度かかります。

インプラント治療で気になるのは費用がどのくらいかかるかです。そもそもインプラントは、保険の適用がされない治療になります。自由診療なため費用はすべて患者が自己負担することになります。インプラント治療ですが、費用は1本あたり30万円から40万円といったところが相場です。非常に高い費用となっています。診察代や手術費用はそれほどかからないのですが、一番かかっているのがインプラントに使われる歯根や人工の歯の素材や器具の単価が非常に高いのです。だからといって格安で治療してくれるところを探すとなると、それは安いのはそれなりに理由があるから安いのであって単純にお金をかけたくないからといって安い所でとなると、リスクが高いのです。