虫歯を治療

なぜ歯医者に行くのか、と聞かれたら大抵の人は虫歯の治療をしに行くと言いますよね。中には歯医者にはクリーニング目的で行く、という方もいらっしゃると思いますが、ここでは虫歯治療について触れて生きたいと思います。 まず、なぜ虫歯になるかといいますと一言で言うなら歯が溶けているからです。 甘いお菓子などを食べることにより口の中で細菌が増え歯垢の中で酸を作ります。 しかし、細菌が増えるのには少し時間がかかりますので食べた後はうがいや歯磨きをすることにより予防することが出来ると言えるでしょう。 歯磨きを忘れてしまうと酸が作られるので結果、歯が溶けてしまいます。 そうして虫歯が出来ていくのです。 虫歯が出来ると痛みを伴ってきます。痛みを感じると歯医者に行くようになりますよね。歯医者は最後の砦のように感じます。

虫歯が自然と治ったら歯医者に行かなくてもいいのか。 こんな疑問をもつ方もいらっしゃると思います。 答えは、いいえです。虫歯は自然には治らないので歯医者に行きしっかりと治療をしてもらう必要があります。 もし、虫歯になってしまいそのまま放置してしまったらどうなるでしょうか。 歯がだんだんと溶けていき、根っこだけになり最後にはその根っこすら無くなってしまうかもしれません。 しかし、早い段階で歯医者に行くことが出来ればそれらの心配は何もありません。 いつ、どのタイミングで行けばいいか分からない。そんな方もいらっしゃると思います。 答えとしては、いつでもいいのです。最近は日曜日でも開いていることが多くなりましたし、例えば休日の朝に虫歯が無いかチェックしに行くだけでもいいのです。 チェックしに行けば虫歯があることにも気づき、早期治療することができ虫歯を予防することが出来ます。